コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイウン El-Aaiún

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイウン
El-Aaiún

西サハラ北部,サギエエルハムラ地方の町。大西洋岸から 13km内陸に位置する。南西方のダクラとカナリア諸島へは航空便がある。周辺でオオムギ,トウモロコシ,野菜を栽培。町の南方にリン鉱床が発見された。人口 18万3691(2004)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイウン(Aaioun)

アフリカ北西部、西サハラの都市。同国北部の大西洋岸のオアシスに位置し、モロッコとの国境に近い。1976年にスペインが領有権を放棄し、サハラアラブ民主共和国の亡命政権が自国の首都と定めているが、モロッコによる実効支配が続いている。内陸部のブクラにリン鉱山があり、鉱石の積出港になった。エルアイウン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイウン
あいうん
Aaioun

アフリカ北部、西サハラ(旧スペイン領サハラ)の首都。エル・アイウンEl Aiounともいう。人口9万3875(1982)。同国北部モロッコ国境に近い大西洋岸にあるオアシス都市で、カナリア諸島と対している。漁業基地であったが、1963年100キロメートル内陸のブクラに世界有数の質と埋蔵量をもつ燐(りん)鉱石鉱山が開発され、鉱石積出し港となった。ブクラから港まではベルトコンベヤで運搬し、港には10万トン級鉱石運搬船が横づけ荷役できる設備をもつ。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアイウンの言及

【西サハラ】より

…また西サハラ沿岸は世界有数の漁場であり,水産資源にも恵まれている。おもな都市は,中心都市であるアイウンal‐‘Aiyūnのほか,ダフラDakhla(旧ビヤ・シスネロスVilla Cisneros),ラ・グエラLa Güeraなどの港町と内陸のスマーラSmāra,ゲルタ・ズムールGuelta Zumūrなどである。 人口は1974年のセンサスによれば約7万5000,スペイン人を加えても10万に満たなかった。…

※「アイウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイウンの関連キーワード西サハラ紛争スマラ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android