コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスヨット ice yacht

世界大百科事典 第2版の解説

アイスヨット【ice yacht】

アイスボートともいう。風の力を利用して氷上でボートを滑走させるスポーツ。骨組みを十字に組み合わせ,左右に伸びた骨組みの両端にサイドランナー,前後に伸びた骨組みの前部または後部にステアリング(舵取り)ランナーをつける。ランナーは鋼鉄製の刃で,アイススケートの刃を大型にしたものと思えばよい。考案されたのは北欧で,16~17世紀のころといわれるが,今日見るようなものは,1768年にデンマークのチャプマンF.H.Chapmanが設計したのが初めである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アイスヨット【ice yacht】

左右一対と後部に滑走具を取り付けて氷上を走らせるヨット。また、それで行う競技。スウェーデンで盛ん。アイス-セーリング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイスヨット

アイスボート」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイスヨット
あいすよっと
ice yacht

氷の上を風力によって帆走するヨット。氷との接面は鋼鉄製の橇(そり)で、水上ヨットの約4倍のスピードが出る。1768年オランダ人チャップマンの設計といわれるが、ほぼ時を同じくして、バルト海沿岸のリガ(ラトビア共和国の首都)、フィンランド湾でも行われていた。その後カナダ、アメリカ北東部の湾、川、湖などにも登場し、1928年にはヨーロッパ・アイスヨット連盟が結成された。瞬間最大スピードは、1938年アメリカのウィスコンシン州で時速230キロメートルが記録されている。なお、日本では1934年(昭和9)慶応大学ヨット部が試みたことがあるが、滑走に十分な氷面がないため普及するに至っていない。[加藤博夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイスヨットの関連キーワードウィスコンシン州スウェーデンセーリング船底

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android