コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイディット

3件 の用語解説(アイディットの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アイディット

インドネシア共産党指導者。民族運動を通じて共産党に接近,1943年入党。党中央委員・政治局員・書記長を歴任,中央委員会議長としてスカルノ支持の民族統一戦線を推進し,党勢を伸張して,民族ブルジョアジーを支持しながら民族民主国家をつくろうとした〈アイディット主義〉共産党は,公称党員360万人と資本主義社会最大の共産党となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイディット【Dipa Nusantara Aidit】

1923‐65
インドネシア共産党の指導者。スマトラメダンで農園労働者の子として生まれる。ジャカルタの商業学校に入学するが中退。1939年から政治運動に参加。43年にインドネシア共産党に入党。日本占領下では,ジャカルタの海軍武官府に付置された独立養正塾に学ぶ。45年8月から民族革命に参加。47年党中央委員。51年,マディウン事件で壊滅した党を再建,政治局員となる。53年にはオランダ植民地時代からの古い党員アリミンらから指導権を奪い,党の大衆路線をうちたて書記長となり,青年幹部の指導体制をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイディット
あいでぃっと
Dipa Nusantara Aidit
(1923―1965)

インドネシアの政治家、共産党指導者。北スマトラのメダンに生まれる。1939年青年アジア連盟に加入、1943年日本軍政下に非合法共産党に入党。独立宣言後の1947年24歳で党中央委員。翌1948年のマディウン事件の挫折(ざせつ)で壊滅した党の再建に努め、1951年党中央委員会書記、1953年には書記長に就任。柔軟な民族統一戦線路線で党勢を拡大し、1955年の第1回総選挙で共産党を四大政党の一角につかせた。その後スカルノ大統領に同調しつつインドネシア内外路線の急進化を促進し、反共軍部、イスラム政党と対立した。1965年の左派蜂起(ほうき)「九・三〇事件」失敗後の「赤狩り」の犠牲となり、軍部に射殺された。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone