九月三〇日事件(読み)くがつさんじゅうにちじけん

百科事典マイペディアの解説

九月三〇日事件【くがつさんじゅうにちじけん】

1965年9月30日インドネシアに起こったインドネシア共産党率いる革命評議会の軍隊によるクーデタ未遂事件。スカルノ大統領親衛隊ウントン中佐らは軍部の反革命派一掃を唱え,ヤニ陸軍司令官ら6名の将軍を殺害したが,スハルト将軍ら軍部に鎮圧された。軍部は進んで大規模な反攻に転じ,共産党員はじめ中国系住民を含む数十万の大量虐殺となり,ナサコム体制の崩壊,スカルノ失脚の契機となった。
→関連項目アイディットアリ・サストロアミジョヨインドネシアインドネシア共産党スバンドリオSOBSIナスティオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くがつさんじゅうにちじけん【九月三〇日事件】

1965年インドネシアで起こったクーデタ未遂事件。同年9月30日22時,インドネシア共産党の率いる革命評議会の軍隊はジャカルタ郊外のハリム空軍基地に集結し,翌日深夜2時30分に7将軍連行作戦を展開した。連行隊は国防相ナスティオン大将,陸軍司令官兼参謀長ヤニ中将,防空司令官ハルヨノ少将,陸軍情報部長パルマン少将,参謀本部補佐官ストヨ准将,陸軍補給部長パンジャイタン准将,スプラプト准将宅を襲撃し,逃避したナスティオンを除く6将軍を殺害した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九月三〇日事件
くがつさんじゅうにちじけん

1965年10月1日未明、インドネシアの首都ジャカルタでウントン中佐ら「9月30日運動」を自称する左派勢力が引き起こしたクーデター未遂事件。同事件の性格については、(1)軍の内紛説、(2)インドネシア共産党の蜂起(ほうき)説、(3)軍のクーデター計画に対する共産党の予防クーデター説、などの解釈があるが、スカルノ大統領の役割、中国との関連などとともに謎(なぞ)に満ちている。ただ、事件の直接的背景は、50年代後半に成立した「指導民主主義」体制下の共産党対陸軍の緊張関係にあったことは明らかである。60年代初頭の西イリアン解放闘争、マレーシア粉砕闘争などの急進外交の展開と危機的経済状況が共産党を躍進させた反面、反共派陸軍の危機感を募らせ、一触即発の危機をはらみながらも、スカルノ大統領のカリスマ的権威のもとで両者はからくも均衡を保っていたにすぎなかった。「九月三〇日運動」自体はたちまち鎮圧され、(1)非共産圏最大の300万党員を誇ったインドネシア共産党は徹底的に弾圧され、(2)最大の支持勢力を失ったスカルノ大統領も権威を失墜し、(3)中国との国交が「凍結」されるなど、インドネシア内外政治の右旋回が進行し、東南アジアの政治地図の再編をもたらすところとなった。他方、イスラム派学生など反共勢力を利用しつつ事件鎮圧を指揮したスハルト将軍は、67年には大統領代行、68年大統領に昇格、強大な政治勢力としての陸軍に立脚した「新体制」を樹立するに至った。[黒柳米司]
『大森実著『スカルノ最後の真相』(1967・新潮社) ▽D・コンデ著、笠原佳雄訳『インドネシアの変貌――反革命の構造』(1966・弘文堂) ▽インドネシア共産党中央委政治局、アジア・アフリカ人民連帯日本委員会訳・編『インドネシア革命――血の教訓』(1967・東方書店) ▽田口三夫著『アジアを変えたクーデター インドネシア九・三〇事件と日本大使』(1984・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の九月三〇日事件の言及

【インドネシア】より

… 政治勢力間の対決は65年9月ついに爆発した。九月三〇日事件を契機にこの事件の背後にあるとされた共産党勢力はスハルト少将を先頭とする陸軍により徹底的に鎮圧された。スハルトは67年にスカルノ退陣を迫る軍内強硬派,学生行動戦線(カミ)らに推されて大統領代行となり,翌68年3月には正式に第2代共和国大統領に就任した。…

※「九月三〇日事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android