コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイナエ mitre flower

世界大百科事典 第2版の解説

アイナエ【mitre flower】

マチン科の繊細な一年生雑草イラスト)。路傍野原の少し湿った場所に生育する。茎は直立し,高さ5~20cm,細く,下部に集まってつく葉の葉腋(ようえき)から枝を出す。葉は対生し,長卵形から楕円形で長さ5~20mm,通常3脈がある。花は細い花梗の先につき,白色で4裂する花冠と,4裂し,その裂片の先がとがるを有する。萼は宿存する。直径約1.5mmの実は,熟しても花柱が残っていて,その基部が裂開して,小さな種子を放出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイナエ
あいなえ / 藍苗
[学]Mitrasacme pygmaea R. Br.

マチン科の一年草。湿地に生える。葉は対生し小さく、卵形または長楕円(ちょうだえん)形で、茎の下部に3~4対つく。夏、茎の先に長さ2~10センチメートルの細い花茎を伸ばし、小さな花をまばらにつける。花は白色のコップ状で4裂する。(さくか)は卵円形で、先に下部が2裂した花柱が残る。本州以南、東南アジアに広く分布する。名は、幼形がアイの若芽に似ることによるといわれる。近縁のヒメナエは線形の葉が茎全体につく。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイナエの関連キーワードマチン科ヒメナエ山崎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android