アウグスブルク(英語表記)Augsburg

精選版 日本国語大辞典の解説

アウグスブルク

(Augsburg) ドイツ南部、バイエルン州の都市。ローマ時代に建設され、中世から近世にかけて商業の中心地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アウグスブルク
Augsburg

ドイツ連邦共和国南部,バイエルン州の商工業都市
ローマ皇帝アウグストゥスによって建設されたのでこの名がある。中世末以来,ヨーロッパ随一の産地として知られ,ヨーロッパ商業の中心となった。1276年自由都市となる。最盛期は15世紀後半で,フッガー家・ヴェルザー家などの大金融業者がこの町の支配権を握った。1555年に宗教和議がここで結ばれたことは有名。17〜18世紀にはしばしば戦場となって微した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報