アウグスブルク(英語表記)Augsburg

旺文社世界史事典 三訂版「アウグスブルク」の解説

アウグスブルク
Augsburg

ドイツ連邦共和国南部,バイエルン州の商工業都市
ローマ皇帝アウグストゥスによって建設されたのでこの名がある。中世末以来,ヨーロッパ随一の産地として知られ,ヨーロッパ商業の中心となった。1276年自由都市となる。最盛期は15世紀後半で,フッガー家・ヴェルザー家などの大金融業者がこの町の支配権を握った。1555年に宗教和議がここで結ばれたことは有名。17〜18世紀にはしばしば戦場となって微した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「アウグスブルク」の解説

アウグスブルク

(Augsburg) ドイツ南部、バイエルン州の都市。ローマ時代に建設され、中世から近世にかけて商業の中心地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android