アウステルリッツの戦い(読み)アウステルリッツのたたかい(英語表記)Battle of Austerlitz

  • Austerlitz
  • アウステルリッツのたたかい〔たたかひ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三帝会戦とも呼ばれる。 1805年 12月2日,ナポレオン・ボナパルト (ナポレオン1世) の率いるフランス軍が,フランツ2世のオーストリア軍とアレクサンドル1世のロシア軍との連合軍アウステルリッツ (現チェコ,モラビア地方の町) で撃破した戦い。この年結成された第3次対仏大同盟を打破するためナポレオン軍はドナウ方面に進撃,12月2日未明アウステルリッツ付近に布陣する連合軍に対し分断作戦を展開し,12時間の死闘の末これを撃破した。この勝利の結果プレスブルク講和 (12.26.) がオーストリアとの間に結ばれ,第3次対仏大同盟は事実上崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1805年ナポレオン一世がオーストリア・ロシア連合軍に大勝した戦い。フランツ一世・アレクサンドル一世と三人の皇帝が対決したので三帝会戦ともいう。この結果、第三回対仏大同盟は解体した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナポレオン1世が皇帝戴冠(たいかん)1周年記念日にあたる1805年12月2日、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ帝国皇帝としてはフランツ2世)とロシア皇帝アレクサンドル1世の連合軍を破った戦い。三帝会戦ともいう。アウステルリッツAusterlitzは現在のチェコ東部、ブルノの東約20キロメートルにある小さな町で、チェコ名をスラフコフ・ウ・ブルナSlavkov-u-Brnaという。ナポレオンは、9万対7万という数的劣勢を敵に故意にみせつけて退却のそぶりを示し、この誘いにのって追撃を図ったため戦列が伸びて手薄になった連合軍の中央部を突破して、有力な左翼軍の背後をつく、という巧妙な作戦で大勝した。ロシアは自国に退いた。
 オーストリアは12月26日プレスブルクの和約を結び、ベネチアなどの領土割譲(人口の7分の1)、賠償金5000万フラン(国庫収入の6分の1)に加え、バイエルン、ウュルテンベルク両大公国の王国昇格などを承認して、ドイツとイタリアにおける足場を失った。翌1806年1月イギリスでは小ピットが死亡して革命に好意的なフォックスが外相となり、6月にはロシアもフランスと和約を結んだので、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセン間の第3回対仏大同盟も崩壊した。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1805年12月,ナポレオン1世がオーストリア・ロシアの連合軍を撃破した戦闘
直前のトラファルガー海戦でフランス艦隊は敗れたが,この戦いによって第3回対仏大同盟は崩壊し,翌年にはプロイセンイエナの戦いでナポレオンに敗れ,大陸におけるナポレオンの支配が確立した。オーストリア皇帝フランツ1世,ロシア皇帝アレクサンドル1世が指揮をとったので三帝会戦とも呼ばれる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android