コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウステルリッツの戦い アウステルリッツのたたかい Battle of Austerlitz

4件 の用語解説(アウステルリッツの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウステルリッツの戦い
アウステルリッツのたたかい
Battle of Austerlitz

三帝会戦とも呼ばれる。 1805年 12月2日,ナポレオン・ボナパルト (ナポレオン1世) の率いるフランス軍が,フランツ2世オーストリア軍とアレクサンドル1世ロシア軍との連合軍をアウステルリッツ (現チェコモラビア地方の町) で撃破した戦い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アウステルリッツ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【アウステルリッツの戦い】

1805年、ナポレオン1世フランス軍が、フランツ1世アレクサンドル1世のオーストリア・ロシア連合軍に大勝した戦い。この結果、第三回対仏大同盟は崩壊した。三人の皇帝が参戦したことから三帝会戦ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アウステルリッツのたたかい【アウステルリッツの戦い】

1805年ナポレオン一世がオーストリア・ロシア連合軍に大勝した戦い。フランツ一世・アレクサンドル一世と三人の皇帝が対決したので三帝会戦ともいう。この結果、第三回対仏大同盟は解体した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウステルリッツの戦い
あうすてるりっつのたたかい

ナポレオン1世が皇帝戴冠(たいかん)1周年記念日にあたる1805年12月2日、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ帝国皇帝としてはフランツ2世)とロシア皇帝アレクサンドル1世の連合軍を破った戦い。三帝会戦ともいう。アウステルリッツAusterlitzは現在のチェコ東部、ブルノの東約20キロメートルにある小さな町で、チェコ名をスラフコフ・ウ・ブルナSlavkov-u-Brnaという。ナポレオンは、9万対7万という数的劣勢を敵に故意にみせつけて退却のそぶりを示し、この誘いにのって追撃を図ったため戦列が伸びて手薄になった連合軍の中央部を突破して、有力な左翼軍の背後をつく、という巧妙な作戦で大勝した。ロシアは自国に退いた。
 オーストリアは12月26日プレスブルクの和約を結び、ベネチアなどの領土割譲(人口の7分の1)、賠償金5000万フラン(国庫収入の6分の1)に加え、バイエルン、ウュルテンベルク両大公国の王国昇格などを承認して、ドイツとイタリアにおける足場を失った。翌1806年1月イギリスでは小ピットが死亡して革命に好意的なフォックスが外相となり、6月にはロシアもフランスと和約を結んだので、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセン間の第3回対仏大同盟も崩壊した。[岡崎勝世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウステルリッツの戦いの関連キーワード上帝会御呼ばれ先帝会奉天の会戦呼ばれるRD関ケ原ウォーランド微少可逆則Overseas Call鬼谷易

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウステルリッツの戦いの関連情報