陣頭(読み)じんとう

精選版 日本国語大辞典「陣頭」の解説

じん‐とう ヂン‥【陣頭】

〘名〙 (古くは「じんどう」とも)
① 戦闘部隊のまっさき。軍の先頭。また、行列などの先頭。
※日葡辞書(1603‐04)「Gintǒ(ヂンタウ)。コグチ〈訳〉軍事的衝突、戦闘の折の最前線。また軍団や軍勢の先頭。またダイリの行幸などに随うクゲなどの行列の先頭」 〔王建‐送魏州李相公詩〕
② 陣営のまえ。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)五「命がおしくばぢんとうにまたをくぐってかうさんせよとぞよばはりける」
③ 昔、宮中で警備の任にあたった官人の詰所のあたり。
※平家(13C前)一「軍兵内裏に参じて、四方の陣頭を警固す」
※九暦‐貞信公教命・天慶七年(944)一〇月一一日「寛平・昌泰間、天皇聞食旬之日、御出南殿之由、蔵人若近衛少将来陣頭告仰」
⑤ (①から転じて) 活動の場の第一線。

じん‐がしら ヂン‥【陣頭】

〘名〙 陣の長。一軍の統率者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陣頭」の解説

じん‐がしら〔ヂン‐〕【陣頭】

軍勢の統率者。

じん‐とう〔ヂン‐〕【陣頭】

軍の先頭。戦う部隊の真っ先。転じて、仕事・活動などの場の第一線。「市場開拓の陣頭に立つ」
昔、宮中の門を守った衛士(えじ)の詰め所の前。
陣の座」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android