コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエタ

3件 の用語解説(アエタの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アエタ

フィリピンのルソン島西部ピナトゥボ山地に住むネグリト少数民族先住民族として知られる。人口約1500人。伝統的には,移動・焼畑農耕と採集・狩猟生活を営む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

知恵蔵miniの解説

アエタ

フィリピンの先住民族の一つ。古くから主にルソン島に定住しており、それぞれ孤立した少数団で生活している。総数は近年の推計で700万人程度。褐色の肌と縮れた髪の毛が特徴で、伝統的には移動式の焼き畑農業と狩猟採集を中心とした生活をしている。1997年にはアエタら同国の少数民族1500万人に対し先祖代々の土地への権利が法的に認められ、以降、膨大な申し立てが行われたにもかかわらず、権利が付与されたのはごくわずかであるとの記事が2015年10月に配信された。

(2015-10-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アエタ
あえた
Aeta

フィリピンのルソン島のピナツボ山の山麓(さんろく)地帯に住むネグリト系先住民集団。現在の人口は約5万人。フィリピンのネグリト系の人々はアジア大陸部から渡ってきた古い先住民であるが、マレー系などの移住民によって各島で山間部へ追いやられた。生業は、いも類を主食とする山地の焼畑耕作であるが、狩猟や漁労も組み合わせて、ほとんど自給自足の生活を送っていた。1991年のピナツボ山の大噴火によって、村や畑が埋まり、壊滅的な被害を受けた。政府によって用意された再定住地に暮らすようになったが、ふたたび山に戻る人々も出てきている一方、低地の生活への適応を目ざしている人々もある。[木村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アエタの関連キーワードタガログ族フィリピン海麻逸ルソン島比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ピナトゥボ山フィリピンの金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アエタの関連情報