コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガニ Gecarcoidea natalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカガニ
Gecarcoidea natalis

軟甲綱十脚目オカガニ科。甲幅 10cm以上になる陸生のカニで,一様に濃い朱赤色。インド洋東部の孤島,クリスマス島にのみ生息する(隣接のココスキーリング諸島にもかつて生息していた記録がある)。熱帯雨林の土中に巣穴を掘ってすんでいるが,晩秋になると産卵のために海岸を目指して移動する。その数は 1億2000万匹といわれ,赤い絨毯のようなカニの群れが 1週間以上にわたり人里を通って移動する。雄が先頭集団を形成し,海に近い場所に穴を掘って,後続の雌を待つ。交尾後,雌は卵が成熟するのを数週間待ち,大潮の夜,水際で幼生を放って森に戻る。数週間後には甲幅数mmの稚ガニが森を目指して歩く。この属のもう一種はその体色からムラサキオカガニ G. lalandii と呼ばれ,琉球列島,南西太平洋の島々に広く分布している。この属のカニは,左右の眼窩が接近している(額が狭い)ことで,ほかのオカガニ類(→オカガニ)とは容易に区別することができる。アカガニの名があまりにも単純であるため,クリスマスアカガニと呼ぶこともある。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカガニ

イバラガニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のアカガニの言及

【イバラガニ(荆蟹)】より

…甲幅20cm。甲は紫褐色,甲縁,はさみ脚,歩脚は紅色で,アカガニと呼ばれることもある。額角は細長く,ほぼ水平に突出して先端が二叉(にさ)する。…

※「アカガニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカガニの関連キーワードイバラガニ(荆蟹)甲類

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカガニの関連情報