コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカゲラ国立公園 アカゲラこくりつこうえんParc National de la Akagera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカゲラ国立公園
アカゲラこくりつこうえん
Parc National de la Akagera

ルワンダ東部,タンザニアとの国境を形成するアカゲラ川とテマ湖を中心とする国立公園。面積 2500km2。 1934年指定。ゾウ,ライオンゴリラチンパンジーシマウマ,各種のアンテロープなどが生息。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アカゲラ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アカゲラ国立公園】

Parc National de l'Akagera》ルワンダ東部、タンザニアとの国境に位置する国立公園。アカゲラ川沿いの湿地、サバンナ、森林地帯からなる。元はベルギー植民地時代の動物保護区。アフリカゾウ、キリン、ライオン、カバのほか、渡り鳥を含め500種類以上の鳥類が生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アカゲラ国立公園の関連キーワードルワンダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android