アカセセリ(英語表記)Hesperia florinda

世界大百科事典 第2版の解説

アカセセリ【Hesperia florinda】

鱗翅目セセリチョウ科の昆虫。中型のセセリチョウで,開張3~3.5cm。翅の黄色い地色がやや赤みを帯びることからこの名がある。シベリアのバイカル地方から中国北部,アムール地方,サハリン朝鮮半島を経て日本にかけて分布し,日本では本州中部の内陸部の山地のみに見られる。日当りのよい山地草原に生息し,年1回7月下旬から8月中旬にかけて羽化する。飛び方はきわめて敏速で,好んでカセンソウマツムシソウウツボグサなどの花に集まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカセセリ
あかせせり / 赤
[学]Hesperia florinda

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。日本では本州中部から関東地方の特産種。長野県と山梨県の山地がおもな産地で、群馬、埼玉、新潟、富山、岐阜、静岡、神奈川各県の一部にも局部的な発生地が知られている。日本以外では朝鮮半島、中国東北部、ロシア連邦アムール地方に分布する。はねの開張は30ミリメートル内外。同じ産地に混生するコキマダラセセリによく似ているが、本種は触角の柄部が黒と黄の縞(しま)模様をなさないことで容易に見分けられる。アカセセリの名でよばれているが、はねの地色はコキマダラセセリとほぼ同じで、雄は濃橙(のうとう)色で赤くなく、雌は暗褐色を帯びる。年1回の発生で、7月下旬から8月中旬が最盛期、乾燥した山地草原に多い。幼虫の食草はカヤツリグサ科のヒカゲスゲである。セセリチョウ科の種としては珍しく卵の状態で越冬する。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android