コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカホシカニダマシ アカホシカニダマシ Neopetrolisthes maculatus

2件 の用語解説(アカホシカニダマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカホシカニダマシ
アカホシカニダマシ
Neopetrolisthes maculatus

軟甲綱十脚目カニダマシ科(→カニダマシ)。1属 1種であるが,数種に分ける説もある。沖縄県以南,オーストラリア東アフリカまで広く分布し,サンゴ礁ハタゴイソギンチャクやイボハタゴイソギンチャクの触手の間に雌雄一対ですみついている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカホシカニダマシ
あかほしかにだまし / 赤星蟹騙
red-spotted porcellain crab
[学]Neopetrolisthes maculatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目カニダマシ科に属するカニ型の海産動物。奄美(あまみ)大島以南、南太平洋、オーストラリア、インド洋に広く分布し、サンゴ礁の巨大なハタゴイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャクの触手の間にすんでいる。甲長1.5センチメートル内外。甲はやや縦長で、光沢がある。美しい紫紅色の丸い紋が多数あるが、その数や大小は個体ごとに異なる。動物どうしの共生の例にあげられることがあるが、生態はよくわかっていない。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカホシカニダマシの言及

【イソカニダマシ】より

…相模湾から九州,東南アジアからインド洋東部沿岸まで分布するが,サンゴ礁には近縁種が多い。ミナミカニダマシP.hastatus(甲長1.2cm),アジアアカハラP.asiaticus(甲長1.5cm)などがごくふつうで,巨大なハタゴイソギンチャクにはアカホシカニダマシNeopetrolisthes maculatus(甲長1.5cm)が共生している。【武田 正倫】。…

※「アカホシカニダマシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカホシカニダマシの関連キーワード国魂騙し騙すに手無し蟹騙素敵にダマして!だましイソカニダマシコブカニダマシマメガニダマシミナミカニダマシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone