コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカムシ(赤虫) アカムシ Halla okudai

1件 の用語解説(アカムシ(赤虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アカムシ【アカムシ(赤虫) Halla okudai】

多毛綱ビクイソメ科の環形動物。別名モドキ。広島県ではヤスリムシ瀬戸内海や天草地方の沿岸の砂泥中に深く潜って生活する。体は長さ60~90cm,幅約1cmで,環節が600~800もある。体は橙色でやや扁平,前方の背面は緑色の蛍光を発する。頭部は円錐形で,その後部に3本の短い感触手と4個の小さい眼点がある。各体節の両側にはいぼ脚があり,背触鬚(はいしよくしゆ)または背触糸と呼ばれる細長い葉状の突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アカムシ(赤虫)の関連キーワード赤虫多毛類貧毛類磯蚯蚓岩虫海毛虫鱗虫鰓蚕玉敷沙蚕翼沙蚕

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone