コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガチス アガチス Agathis

3件 の用語解説(アガチスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガチス
アガチス
Agathis

南半球に生育する数少い針葉樹で,東南アジアオーストラリアニュージーランドなどに原産するナンヨウスギ科の常緑高木の1属。針葉樹類ではあるがナギに似た扁平,幅広の葉を互生する。コパールノキなど数種があり,多くは樹脂をもつので古くから利用されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アガチス【dammar‐pine】

ナンヨウスギ科の常緑高木で,葉はナギに似ているので,ナギモドキの名もある(イラスト)。直立する幹は円柱形で,高さ20~30mにもなり,大きな樹冠を広げてりっぱである。若い時期には幹の節から放射状に枝を出す。老木では幹の表面はあばた状に凸凹している。葉はらせん状につき厚い皮質,長卵形から広披針形で,平行脈を有している。雄花および雌花は通常は同一木につき,雄花は葉腋(ようえき)に生じる円柱状の穂状の花序に多数が密集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アガチス【Agathis】

ナンヨウスギ科アガチス属の落葉高木の総称。マレーシア・オーストラリア・ニュージーランド・フィジーにかけて約20種ある。高さ20~30メートル。葉はナギに似る。このうちマレーシア原産のマニラコーパルノキ、ニュージーランド原産のカウリマツからは塗料原料のコーパル樹脂を採る。また、建材として用いる。ナギモドキ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アガチスの関連キーワードモミジバアラリアアメリカ杉糸杉銀葉アカシア広葉杉米栂南洋杉油杉カウリ鱶の木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アガチスの関連情報