コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガディール アガディール Agadir

3件 の用語解説(アガディールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アガディール(Agadir)

モロッコ南西部、大西洋に面する港湾都市スース川河口の北に位置する。16世紀前半にポルトガルの支配下に置かれ、交易の拠点になった。フランス植民地時代、ドイツが軍艦をこの港に派遣し、フランスを威嚇したアガディール事件で知られる。現在はヨーロッパ風の海岸保養地として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アガディール【Aghādīr】

モロッコ南西部の大西洋岸にある港湾都市。人口13万7000(1993)。スース平野を西流するスース河口の北方に位置する。16世紀前半ポルトガルに占領された後,モロッコ南部とヨーロッパを結ぶ商港として栄えた。19世紀に一時衰えたが,1950年新港が建設された。果実・野菜等の農産物や,鉛・亜鉛・コバルトモリブデンマンガン等の鉱産物の積出港であり,漁港でもある。工業として冶金工場がある。1911年7月1日,ドイツの砲艦が入港し,独仏関係が極度に緊張するアガディール事件(モロッコ事件)が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガディール
あがでぃーる
Agadir

北アフリカ、モロッコ南西部にある港湾都市。スース平野を流れて大西洋に注ぐスース川河口の北方に位置する。人口55万0200(1994)。果実、野菜などの農産物や、鉛、亜鉛、コバルト、モリブデン、マンガンなどの鉱産物が港から積み出され、漁港でもある。工業では冶金(やきん)工場がある。フランス支配下の1911年7月1日、ドイツの砲艦が入港、ドイツとフランスの関係が緊張するアガディール事件が起きた。1960年の大地震で市街はほとんど壊滅した。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アガディールの関連キーワードイフニバイアブランカマルデルプラタモロッコモロッコ革アルジャジーダタトワンモロッカン世界の3大漁場プエルト・バリオス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アガディールの関連情報