コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガラス岬 アガラスみさきCape Agulhas

4件 の用語解説(アガラス岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガラス岬
アガラスみさき
Cape Agulhas

南アフリカ共和国西ケープ州南部の岬。アフリカ大陸最南端の岬で,喜望峰の南東約 160km,南緯 34°52′,東経 20°に位置。名称は「針の岬」を意味し,航海に危険な暗礁の多い岬であることからポルトガル人が命名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アガラス‐みさき【アガラス岬】

Cape Agulhas》アフリカ大陸最南端の岬。南アフリカ共和国南部、西ケープ州にあり、この沖合がインド洋と大西洋の境界とされる。喜望峰東南東約150キロメートルに位置する。アグラス岬

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アガラスみさき【アガラス岬】

南アフリカ共和国、アフリカ大陸最南端の岬。この岬を通過する東経20度線によって大西洋とインド洋とを区分する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガラス岬
あがらすみさき
Cape Agulhas

アフリカ大陸最南端の岬。南アフリカ共和国西ケープ州の南西部にある。アグリアス岬、アグラス岬ともいう。鋸歯(きょし)状の岩礁地帯で、ポルトガル語の「針」の意に由来する。沈水した岩礁が沖合い250キロメートルにも及ぶアガラス・バンクとよばれる大陸棚上に存在し、航海の難所として有名で、灯台が設置されている。なお、この岬の近くにボンテボック国立公園がある。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone