コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケボノシュスラン あけぼのしゅすらん

1件 の用語解説(アケボノシュスランの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケボノシュスラン
あけぼのしゅすらん / 曙繻子蘭
[学]Goodyera foliosa Benth. var. laevis Finet

ラン科の多年草。茎の下部は地表をほふくし、節間は長く、各節より1根を出す。茎の上部は斜上して葉を4~7枚互生する。葉は長楕円(ちょうだえん)形、長さ2~4センチメートル。8~10月、頂生の花序に淡紅色を帯びた白色の花を少数密につける。落葉樹林の林床に生え、沖縄を除く日本各地、朝鮮、中国に分布。和名は花色を明け方の空に例えたもの。変種のツユクサシュスランは花序軸に短毛が多く、九州南部より沖縄にかけて分布する。母種はヒマラヤに分布。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアケボノシュスランの言及

【シュスラン】より

…ミヤマウズラG.schlechtendaliana Reichb.f.は山地の林床に比較的多い種で,白色の花は1cmくらいで比較的大きく,葉の斑紋の変異が多いので,愛好家に栽培される。アケボノシュスランG.foliosa Benth.var.laevis Finetは,茎の下部が長く横走し,葉脈は白色を帯びる。そのほかに花が大きく朱紅色のベニシュスランG.macrantha Maxim.,亜寒帯に生えミヤマウズラを小型にしたヒメミヤマウズラG.repens (L.) R.Br.,亜熱帯に分布するキンギンソウG.procera (Ker‐Gawl.) Hook.などがある。…

※「アケボノシュスラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone