アケボノスミレ(読み)あけぼのすみれ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケボノスミレ
あけぼのすみれ / 曙菫
[学]Viola rossii Hemsl.

スミレ科の多年草。根茎は太く、節がつまり、その間からやや太い根が出る。地上茎はなく、葉は株元から出るが、花期には展開せず、両側から表面に巻いたままほぼ直立しているのが多い。葉柄のほぼ半分から下は地中にある。花期後の葉は大きく径5~8センチメートル、葉柄が15センチメートルになるものもある。花は4月に開き、普通は淡紅色。花茎は長さ約7センチメートル。果実は楕円(だえん)形で先がとがり、表面に紫色の斑点(はんてん)がある。北海道から九州中部までの日当りのよい山地草原や林下に生え、朝鮮、中国北部にも分布する。名は、花色を明け方の空の色に例えたもの。[橋本 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android