コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲラタム Ageratum; flossflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゲラタム
Ageratum; flossflower

キク科アゲラタム属の総称で,一年草多年草または亜低木。和名はカッコウアザミ属。熱帯アメリカに約 60種が原産し,世界の熱帯や亜熱帯に広く帰化している。葉は心臓形で縁に鋸歯があり,下部で対生。茎が伸びると上部で互生する。茎頂にアザミに似た頭状花序を形成し,青紫,紫,桃,白などの花色がある。一般に,カッコウアザミとアゲラタム・ホウストニアヌム (オオカッコウアザミ) A.houstonianumが園芸植物として利用される。花壇用の園芸植物として改良が進み,高さ 15cm前後になる分枝の多い矮性品種が,早春から小苗で大量に流通する。鉢植,プランターなどの容器栽培にも適し,高性種は切り花としても利用される。低温と極端な高温を嫌う。園芸的には一年草として扱われるが,冬は明るい室内または温室で越冬させれば,多年草として楽しめる。夏場に茎が徒長したり花がつきにくくなった場合,地際から 10cm前後まで切り戻すことにより,秋に再び開花し,霜がおりる頃まで咲き続ける。春に種子をまくか,挿木で増殖させる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アゲラタム(〈ラテン〉Ageratum)

キク科の多年草。メキシコ原産で、日本では春まき一年草に用いられる。夏から秋にかけて、青紫色や白色などの小花を多数つける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アゲラタム

熱帯アメリカ原産のキク科の一年草または多年草で,40〜50種がある。よく栽培されるアゲラタム・ヒューストニアナム(オオカッコウアザミ)は,メキシコなどに原産する低木状になる多年草だが,一般に春まきの一年草として扱う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アゲラタム【Ageratum】

キク科の多年草。メキシコ原産。一年草として花壇用に栽培される。高さ約30センチメートル。葉は卵形。夏から秋に枝先にアザミに似た紫色・白色などの小頭花を密につける。カッコウアザミ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アゲラタムの関連キーワード藿香薊卵形

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android