コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジマリン アジマリンajmaline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジマリン
ajmaline

レセルピン,ヨヒンビンなどと同様なラウオルフィアアルカロイドの一種。不整脈治療剤として用いられる。一般の不整脈治療剤と同様,心筋の不応期を延長させ,興奮伝導を抑制するが,キニジンやプロプラノロールと異なり,心筋収縮力の低下作用がないのが特徴である。多発する心房性および心室性の期外収縮,発作性急拍症などに対して用いられる。副作用として肝障害 (肝細胞性,細胆管性) がみられることがあるので,使用中は定期的に一般肝機能検査を行う必要がある。刺激伝導障害を起しやすいので,房室ブロックや両脚性伝導障害のある不整脈や肝障害が最初からある患者には禁忌である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジマリン
あじまりん
ajmaline

抗不整脈剤の一種。キョウチクトウ科のラウオルフィア・セルペンチナRauwolfia serpentina(インドジャボク)に含まれる約20種以上のアルカロイドのうち1931年に初めて抽出された。このラウオルフィアアルカロイドはレセルピンとアジマリンの2グループに大別される。アジマリンは苦味を有する無臭の白色ないし微黄色の結晶性粉末で、抗アドレナリン作用をもち、心拍を緩徐にして細動を消失させる。心房性および心室性の期外収縮や頻拍、心房細動および粗動、WPW症候群などに有効で、製剤としては錠剤と注射剤がある。現在では、より優れたリドカインなどが繁用されるが、これらで無効の場合に限ってアジマリンが使われる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アジマリンの関連キーワード薬剤性肝障害

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android