コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュ(阿朮) アジュAdju

1件 の用語解説(アジュ(阿朮)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジュ(阿朮)
アジュ
Adju

[生]元,太祖22(1227)
[没]至元17(1280)
中国,元の武将。モンゴルのウリヤンハイ (兀良哈) 族出身。諡は武宣,のち改めて武定。初め大理 (雲南) などの征討に従う。のち中統3 (1262) 年の李たんの乱平定に参加,翌年征南都元帥に任じられた。また樊 (はん) 城,襄陽 (じょうよう) をくだし (73) ,翌年アリハイヤ (阿里海牙) と入朝,南宋征討を進言して受容され,バヤン (伯顔) ,アリハイヤと南宋を征討,漢陽,鄂 (がく) 州を取る (74) 。同年平章政事となり,さらに淮 (わい) 東,淮西を平定 (76) ,大功をあげ,泰興県の2千戸に封じられ,河南王に追封された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アジュ(阿朮)の関連キーワードバトゥ成吉思汗安貞薩摩琵琶相模原市安貞奥入嘉禄興国寺俊芿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone