コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスキア墳墓 アスキアフンボ

2件 の用語解説(アスキア墳墓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アスキア‐ふんぼ【アスキア墳墓】

Tom beau des Askia》マリ東部の都市ガオにある遺跡。高さ17メートルのピラミッド状の墓は、15世紀から16世紀に金と塩の交易で栄えたソンガイ帝国の初代皇帝アスキア=ムハンマド1世の墓といわれる。付近一帯には、ほかにモスクや野外集会場などが残る。2004年、世界遺産文化遺産)に登録された。2012年、地域紛争による破壊などを理由に危機遺産に登録。アスキアの墓

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

アスキアふんぼ【アスキア墳墓】

2004年に登録されたマリ共和国の世界遺産(文化遺産)だが、2012年に危機遺産リストに登録された。西アフリカのマリ共和国の北部トンブクトゥの東300kmのガオ地方に位置する。この遺跡には、2つのモスクと付属の公共墓地などが含まれており、なかでも高さ17mに及ぶピラミッド状の墓は、「土着の伝統建築様式」を特徴としている。また、この遺跡は、15世紀半ばから16世紀にニジェール川湾曲部を中心に栄えたソンガイ帝国(ガオ帝国とも呼ばれる)の皇帝、アスキア・モハメド王が建てた墓地である。このような重要な遺跡であることが評価され、世界遺産に登録された。しかし2012年1月、トゥアレグ族がマリ共和国からの独立を求め、トゥアレグ抵抗運動を起こし、マリ北部を制圧するマリ北部紛争が勃発。トゥアレグ族の組織「アンサル・ディーン」が北部3州(アザワド)を制圧し、アザワド国の独立を宣言。世界遺産委員会は、周辺国にアスキア墳墓文化財が流出しないように監視を要請し、世界的な支援策を図っているが、アンサル・ディーンはさらなる破壊も予告しており、危機からの脱出は難しく、危機遺産リストに登録された。◇英名はTomb of Askia

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスキア墳墓の関連キーワードスルツエイティヤマラウイ湖国立公園マリ共和国クタマク世界遺産登録クタマク、バタマリバ人の土地ジェノヴァ:レ-ストラーデ-ヌオーヴェとパラッツィ-デイ-ロッリ制度ジェンネ旧市街バムとその文化的景観

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone