コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチル価

栄養・生化学辞典の解説

アセチル価

 油脂中に存在するヒドロキシル基の量の尺度となる値で,無水酢酸で油脂をアセチル化したあと,けん化してけん化価を求める.別にアセチル化せずにけん化価を求めてその差からアセチル価を算出する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセチル価
あせちるか
acetyl value

無水酢酸でアセチル化した油脂または蝋(ろう)1グラムから、けん化により遊離した酢酸を中和するのに要する水酸化カリウムのミリグラム数をいう。アセチル化前の試料を基準にした算出値はヒドロキシ基価という。測定精度はあまり高くない。遊離ヒドロキシ基を表す数値で、アルコール類、モノおよびジグリセリド、オキシ酸などの存在量に対応する。通常の油脂では微小値であるが、酸敗油では増大してくる。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アセチル価の関連キーワードジグリセリドひまし油酸敗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android