コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計 あたかまおおがたみりはさぶみりはかんしょうけいAtacama Large Millimeter and Submillimeter Array

3件 の用語解説(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計

日米欧が共同で計画中の電波望遠鏡計画。日本からは文部科学省国立天文台が参加する。口径12mのパラボラアンテナ68台と口径7mのもの12台(合計80台)を組み合わせた干渉計で、南米チリのアタカマ高地(標高5000m)に建設する。ミリメートル及びそれより1桁短いサブミリメートルの波長帯で観測できる。分子ガス雲から誕生する恒星や惑星の形成過程、遠方の銀河の形成過程などの解明に活躍が期待される。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計
あたかまおおがたみりはさぶみりはかんしょうけい
Atacama Large Millimeter/submillimeter Array

チリのアンデス山脈、標高5000メートルの台地にある乾燥地帯アタカマ砂漠)に建設されたミリ波・サブミリ波の地上大型電波干渉計。略称のALMA(アルマ)はスペイン語で「魂」や「心」という意味ももつ。アルマ望遠鏡ともいう。東アジア(日本・台湾)、北アメリカ(アメリカ合衆国・カナダ)、ヨーロッパとチリの国際共同プロジェクトである。2002年から建設が始まり2013年に本格運用が開始された。
 直径12メートルの可搬型高精度アンテナ50台とACAシステム(直径7メートルの可搬型高精度アンテナ12台と直径12メートルの可搬型高精度アンテナ4台)で構成され、全体を一つの電波干渉計として活用する。これらの可搬型電波望遠鏡を18.5キロメートルの範囲に配置して0.01秒角の空間分解能を得ることが可能である。
 観測周波数は80ギガヘルツ程度から950ギガヘルツ程度までをカバーし、ビッグ・バン後の最初の銀河の発見、太陽系や惑星の生成過程、宇宙物質の進化により生命誕生に迫ることが期待されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計の関連情報