コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アックルシウス Accursius, Franciscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アックルシウス
Accursius, Franciscus

[生]1182. フィレンツェ
[没]1260. ボローニャ
ボローニャの法学教授。アーゾの弟子。歴代の註釈学者の『ローマ法大全』に対する注釈を克明に編纂集成し,かつ彼自身の注釈を加えての『標準注釈書』 Glossordinariaを著わした。『学説彙纂』が古典ローマ法の総覧であるとすれば,『標準注釈書』は中世法律学の総覧であるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アックルシウス【Accursius】

1183ころ‐1263ころ
イタリアの法学者。フィレンツェ周辺の農村の出。ボローニャ大学でアゾAzoなどについて法学を修め,同大学の教授職に就いた。ローマ法大全に対する統一的なコンメンタール,いわゆる《標準注釈Glossa ordinaria》により,イルネリウス以来およそ150年にわたる注釈学派の仕事を集大成した。全体で10万近い注釈から成り,先学たちの間に生じた論争を引合いに出し,これに対する態度決定を行っている。膨大な作品であるにもかかわらず,わずかに122ほどの注釈について相互矛盾が指摘されるにとどまる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アックルシウスの関連キーワードブルガルス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android