コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッタロス1世 アッタロスいっせいAttalos I Sōtēr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッタロス1世
アッタロスいっせい
Attalos I Sōtēr

[生]前269
[没]前197
ペルガモン王 (在位前 241~197) 。母はセレウコス朝の王女。前 230年頃ガラテア人の攻撃を撃破,初めて王位につき,救済王 (ソテル) と称した。3度セレウコスのアンチオコス・ヒエラックス (前 226没) を破り,キリキアを除くアナトリアのセレウコス全土を手中に収めたが,前 222年までに奪還された。マケドニアのフィリッポス5世に対抗してアイトリア人を助け,ローマと結んで第1次 (前 214~205) ,第2次 (前 200~196) マケドニア戦争を戦い,勝利を目前にして没した。文学,哲学,芸術を奨励し,これは以後ペルガモンの伝統となった。 (→ペルガモン王国 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アッタロス1世の関連キーワードアッタロス(2世)ガラテア人とその妻エウメネス[2世]アンチオコス3世ペルガモン祭壇セレウコス3世アッタロス2世エウメネス2世アッタロス朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android