コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アド・リビトゥム アド・リビトゥム ad libitum

翻訳|ad libitum

1件 の用語解説(アド・リビトゥムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アド・リビトゥム
アド・リビトゥム
ad libitum

音楽・演劇用語。「随意に」の意。略してアド・リブ。 (1) 音楽では演奏者の自由にまかせるという標示。ヘンデルオルガン協奏曲にみられるように,曲の一部分がこの表示のもとに演奏者の自由な即興演奏にゆだねられることもあるが,一般には (a) 発想や速度の選択,(b) ある声部や楽器のパートを加えたり省いたりすることなどを意味する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アド・リビトゥムの関連キーワード役者ヌーボー・テアトルアドリビトゥムアンチテアトル随意筋たてテアトル不随意不随意筋リタルダンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone