カーディナル(英語表記)cardinal

翻訳|cardinal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーディナル
cardinal

枢機卿と訳す。カトリック教会における,ローマ教皇に次ぐ高位の聖職者。その起源についてはつまびらかでない。教皇最高顧問,教皇選挙権者で,教皇の自由意志により任命される。教皇庁の諸省,諸官庁の長として,カトリック教会全体に対する教皇の責務を分担,補佐する枢機卿もいる。枢機卿の権能は,(1) 教皇死去の際,システィナ礼拝堂で教皇選挙を行う,(2) 公会議における議席,決議権をもつ,(3) 教皇の諮問に応じ,列福,列聖などを司る,(4) 司教権をもち,国際的には諸侯待遇を受ける,などで,セイクリッド・カレッジ sacred college (枢機卿会) を構成する。その定員は,1586年以来 70名であったが,1962年この制限が撤廃され 90名に増員され,その後も増員されている。ただし教皇選挙権はこのうち満 80歳以下の枢機卿に制限されている。構成内容はカーディナル・ディーコン cardinal deacon (助祭枢機卿) ,カーディナル・プリースト cardinal priest (司祭枢機卿) ,カーディナル・ビショップ cardinal bishop (司教枢機卿) という3段階の位階称号をもつローマ教皇庁在住のカーディナルと諸外国に司教区をもつカーディナルから成る。日本では 60年に土井辰雄東京大司教が初めて選任された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

色名がわかる辞典の解説

カーディナル【cardinal】

色名の一つ。カーディナルとはローマカトリック教会枢機卿すうきけいのこと。枢機卿が身につけいている法衣や帽子のような少しみを帯びたをさす。枢機卿を象徴する色。スカレーットと呼ばれることもあるが、それぞれに色は異なる。スカレーットは「あざやかな黄みの赤」とされ、赤みの強いオレンジ色。カーディナルの方は深い紅色に近い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

カーディナル

正式社名「カーディナル株式会社」。英文社名「Cardinal Co., Ltd.」。製造業。昭和42年(1967)「株式会社宮田機械印刷研究所」設立。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は大阪市城東区新喜多。会員証などに使われる樹脂製カードの製造専業。多品種少量生産体制に強み。JASDAQ上場。証券コード7855。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

カーディナル【cardinal】

ローマカトリック教会で、枢機卿すうききよう
深紅色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカーディナルの言及

【枢機卿】より

…カーディナル。カトリック教会で教皇につぐ最高の行政職。…

※「カーディナル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android