コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナンバス諸島 アナンバスしょとうKepulauan Anambas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナンバス諸島
アナンバスしょとう
Kepulauan Anambas

インドネシアリアウ諸島州に属する島群。南シナ海マレー半島ボルネオ島の間に位置し,ジュマジャ島,マタク島などからなる。オラン・ラウトが居住し,おもに漁業などに従事している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アナンバス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【アナンバス諸島】

Kepulauan Anambas》インドネシア、南シナ海南部に浮かぶ諸島。シンガポールとボルネオ島の間に位置する。主島ジュマジャ島をはじめ、マタク島、シアンタン島などの島々からなる。周辺海域の大陸棚において、天然ガスを産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナンバス諸島
あなんばすしょとう
Kepulauan Anambas

インドネシア、南シナ海南部にある諸島。シンガポールの北東320キロメートル、ボルネオ島の西420キロメートルに位置する。ジュマジャ島、マタク島、シアンタン島などの島々からなり、土地は比較的平坦(へいたん)である。面積673平方キロメートル、人口約1.6万。住民はマレー系種族のオラン・ラウト(海の人々の意)で海岸付近に居住し、ココヤシ栽培、漁業、小船の建造などに従事している。集落は主島ジュマジャ島のパダン、クアラ、レトン、シアントン島のテレンパなどがある。行政上はスマトラ島のリアウ州に属する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アナンバス諸島の関連キーワードボルネオ海リアウ諸島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android