コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニシジン アニシジン anisidine

2件 の用語解説(アニシジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニシジン
アニシジン
anisidine

化学式 CH3OC6H4NH2o 体,m 体,p 体の3種の異性体がある。 o 体は沸点 225℃,m 体は沸点 251℃,p 体は沸点 246℃。どれも染料合成中間体として利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アニシジン
あにしじん
anisidine

芳香族アミンの一つ。アミノアニソール、メトキシアニリンともいう。o(オルト)m(メタ)p(パラ)の3種の異性体がある。
 いずれも、それぞれ対応するニトロアニソールを鉄、亜鉛などの金属と酸によって還元すると得られる。o-アニシジンおよびm-アニシジンは淡黄色の液体であるが、p-アニシジンは無色の固体である。各異性体とも水にはほとんど溶けないが、アルコール、エーテルなどの有機溶媒には溶ける。o-アニシジン、p-アニシジンはアゾ染料、ナフトール染料(アゾイック染料)の合成中間体としてとくに重要である。o-アニシジンは発癌(はつがん)性があるといわれている。[山本 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アニシジンの関連キーワードグルカンクレゾール式量塩化錫化学反応式酸化砒素バンコマイシングラム式量化学式量ニトログリコール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アニシジンの関連情報