アニリド(英語表記)anilide

世界大百科事典 第2版の解説

アニリド【anilide】

アニリンのアミノ基-NH2の水素原子1個をアシル基で置換したアミドの総称。代表的なものにアセトアニリド(R=CH3),ベンズアニリド(R=C6H5)がある。アニリンに酸無水物または酸塩化物を作用させて作る。一般に水に難溶の結晶性化合物であり,有機化合物の定性分析においてカルボン酸の確認のための結晶性誘導体として利用される。希塩酸またはアルカリ水溶液中で加熱すると加水分解されてアニリンとカルボン酸になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android