コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニリド anilide

世界大百科事典 第2版の解説

アニリド【anilide】

アニリンのアミノ基-NH2の水素原子1個をアシル基で置換したアミドの総称。代表的なものにアセトアニリド(R=CH3),ベンズアニリド(R=C6H5)がある。アニリンに酸無水物または酸塩化物を作用させて作る。一般に水に難溶の結晶性化合物であり,有機化合物の定性分析においてカルボン酸の確認のための結晶性誘導体として利用される。希塩酸またはアルカリ水溶液中で加熱すると加水分解されてアニリンとカルボン酸になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アニリドの関連キーワードアセトアニリド(データノート)フェニレンジアミンアンチフェブリン電子伝達系阻害剤ベックマン転位ニトロアニリンアセトフェノンフェナセチンブロメラインクノル合成パラレッドアセチル化ホルミル化過酸化水素オキシムフィシン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android