アニリド(英語表記)anilide

世界大百科事典 第2版の解説

アニリド【anilide】

アニリンのアミノ基-NH2の水素原子1個をアシル基で置換したアミドの総称。代表的なものにアセトアニリド(R=CH3),ベンズアニリド(R=C6H5)がある。アニリンに酸無水物または酸塩化物を作用させて作る。一般に水に難溶の結晶性化合物であり,有機化合物の定性分析においてカルボン酸の確認のための結晶性誘導体として利用される。希塩酸またはアルカリ水溶液中で加熱すると加水分解されてアニリンとカルボン酸になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

アニリド
アニリド
anilide

アニリンアミノ基水素アシル基で置換した形の化合物C6H5NHCORの総称.アセトアニリド(R=CH3)は代表的なアニリドである.一般に,カルボン酸の酸無水物,または酸塩化物にアニリンを反応させてつくられる.多くの場合,水に難溶の結晶性化合物であり,精製が容易なことからカルボン酸を確認するための誘導体として用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android