コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アハンカーラ アハンカーラahaṃkāra

2件 の用語解説(アハンカーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アハンカーラ
アハンカーラ
ahaṃkāra

サンスクリット語で,我慢 (がまん) と漢訳される。インド六派哲学の一つであるサーンキヤ学派の術語。自我意識の意。根源的思惟機能 buddhi (覚) が開展した結果生じる。純物質的な一器官であり,3つの構成要素 triguṇaから成り,自己への執着を特質とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アハンカーラ【ahaṃkāra】

インド哲学の用語で〈自我意識〉のこと。アハンは一人称代名詞〈私〉,カーラは〈行為〉の意。漢訳では〈我慢〉という。一般に利己心,我執を意味する語だが,サーンキヤ学派の哲学体系にとり入れられて,現象界を成立させる原理の一つとされた。それによれば,アハンカーラは〈私が行為する。これは私のものだ。これが私だ〉と,本来の自我ではないものを自我として誤認する機能をもち,この誤認を契機として輪廻が生じ現象界が成立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアハンカーラの言及

【サーンキヤ学派】より

…これは確認作用を本質とし,同じく三つの構成要素からなり,身体内部の一つの器官である。さらにそれから自我意識アハンカーラahaṃkāra(〈我慢〉)が現れる。これもまた3構成要素からなり,〈わがもの〉という観念の基体であり,根源的思惟機能を精神的原理であると誤認する。…

【サーンキヤ学派】より

…これは確認作用を本質とし,同じく三つの構成要素からなり,身体内部の一つの器官である。さらにそれから自我意識アハンカーラahaṃkāra(〈我慢〉)が現れる。これもまた3構成要素からなり,〈わがもの〉という観念の基体であり,根源的思惟機能を精神的原理であると誤認する。…

※「アハンカーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone