我執(読み)がしゅう

精選版 日本国語大辞典「我執」の解説

が‐しゅう ‥シフ【我執】

〘名〙
① 仏語。個体的な自実体視して執着すること。我見。→
※発心集(1216頃か)七「今世の行者、〈略〉我(ガシフ)偏増にして」
煤煙(1909)〈森田草平〉一九「あらゆる我執を離れて、正直に懺悔し得られると思った」 〔倶舎論‐二九〕
② 自我を貫くこと。自分の意見をがんばって通すこと。
※風俗小説論(1950)〈中村光夫〉近代リアリズムの発生「藤村文学のライト・モチイフをなす祈りの背後には〈略〉怪物的な孤独と我執とが、低音ではあるがはっきり響いてゐます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「我執」の解説

我執
がしゅう
ātmagrāha

仏教用語。自身存在のなかに実体的な我があると考え執着すること。あらゆる存在に本質として実体的なものがあると執着する法執 (ほっしゅう) とともに仏教では排斥される。我見,我想,人我想ともいわれる。一般には自分の意見に固執すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「我執」の解説

が‐しゅう〔‐シフ〕【我執】

自分中心の考えにとらわれて、それから離れられないこと。我を通すこと。また、その気持ち。「我執にとらわれる」
仏語。人には常住不変の実体があるとする誤った考え。我見。
[類語]頓着執着執心偏執固執囚われる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android