我執(読み)がしゅう(英語表記)ātmagrāha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

我執
がしゅう
ātmagrāha

仏教用語。自身の存在のなかに実体的ながあると考え着すること。あらゆる存在に本質として実体的なものがあると執着する法執 (ほっしゅう) とともに仏教では排斥される。我見,我想,人我想ともいわれる。一般には自分の意見に固執すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐しゅう〔‐シフ〕【我執】

自分中心の考えにとらわれて、それから離れられないこと。我を通すこと。また、その気持ち。「我執にとらわれる」
仏語。人には常住不変の実体があるとする誤った考え。我見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がしゅう【我執】

〘仏〙 自己の内部に不変の実体、本質が存在するとする、非仏教的な考え。我見。
自分中心の狭い考え。また、それにとらわれること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我執の関連情報