コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビルゴール アビルゴール Abildgaard, Nikolai Abraham

2件 の用語解説(アビルゴールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アビルゴール
アビルゴール
Abildgaard, Nikolai Abraham

[生]1743.9.11. コペンハーゲン
[没]1809.6.4. フレデリックスダル
デンマークの画家。生地のアカデミーに学び,1772~77年ローマに留学。帰国後クリスティアンボル宮に大壁画を描いたが焼失。歴史画のほか主として神話,文学に題材を取った新古典主義的作風の絵を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アビルゴール【Nicolai Abraham Abildgaard】

1743‐1809
デンマークの歴史画家。コペンハーゲン生れ。1772年よりイタリアに留学。古代およびルネサンス美術に学び,J.T.セルゲル,J.H.フュッスリと知り合う。帰国後,78年よりコペンハーゲン・アカデミー教授兼王室画家として,新古典主義を標榜。しかし,作品はややマニエリスム的傾向をもつ。J.A.カルステンス,B.A.トルバルセン,C.D.フリードリヒP.O.ルンゲは彼の教えを受けた。クリスティアンスボー城に歴史・寓意画を残す(1794年に焼失)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アビルゴールの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派デンマーク王立バレエ団コペンハーゲンブルーストロイエスロッツホルメンカリーナコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone