コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ・モーリシャス共同機構 アフリカ・モーリシャスきょうどうきこう Organisation Commune Africaine et Mauricienne; OCAM

2件 の用語解説(アフリカ・モーリシャス共同機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ・モーリシャス共同機構
アフリカ・モーリシャスきょうどうきこう
Organisation Commune Africaine et Mauricienne; OCAM

フランスアフリカ諸国穏健派を主体とする国際機構。 1965年2月アフリカ・マダガスカル経済協力機構 OAMCE (アフリカ・マダガスカル同盟 UAMの後身) が発展的に解消した結果,その設立が取り決められ,1966年6月憲章の採択によって正式に発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ・モーリシャス共同機構
あふりかもーりしゃすきょうどうきこう
Organisation Commune Africaine et Mauricienne

略称OCAM。フランス系アフリカ諸国の政治協力機構。1965年アフリカ・マダガスカル共同機構として設立されたが、1974年マダガスカルの脱退により、現名称に変更した。加盟国は、セネガルニジェールトーゴ中央アフリカベナンベニン)、セイシェルルワンダガボンコートジボワール、オートボルタ(現ブルキナ・ファソ)。加盟国の経済、社会、文化の発展促進のため協力強化を目的とする機構で、元首・政府首脳会議、閣僚理事会、技術委員会、事務局がある。[池田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカ・モーリシャス共同機構の関連キーワードアフリカ民主連合オートボルタ西アフリカ諸国経済共同体フランス共同体フランス領赤道アフリカCEEACCFAフランフランス領ソマリランドトーゴランド中部アフリカ諸国銀行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone