コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブー・ウバイダ Abū `Ubayda al-Jarrāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブー・ウバイダ
Abū `Ubayda al-Jarrāh

[生]583. メッカ
[没]641. シリア
初期イスラム教団の有力指導者。メッカのクライシ族の出身。初期の改宗者の一人で,アビシニア (エチオピア) 移住団の指導者の一人でもある。ムハンマドに従って多くの戦功をあげ,またしばしば遠征軍の指揮官をつとめた。ムハンマドの死後,アブー・バクルカリフに推してイスラム社会の統一を保つためにウマル (→ウマル1世 ) とともに重要な役割を果した。第2代カリフ,ウマルの時代にシリア征服の最高指揮官となって,北部シリアの諸都市を征服し,統治機構の整備に努めた。シリアに悪疫が流行したとき,カリフはアブー・ウバイダの身を案じてメジナに帰還するようにすすめたが,彼はシリアにとどまり,58歳で子孫を残すことなく病死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブー・ウバイダの関連キーワードヘラクレオナス日羅朝日新聞舒明天皇舒明天皇舒明天皇ヘラクレイオス舒明天皇オズワルドコンスタンス2世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android