コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベシェ Abéché

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベシェ
Abéché

チャド東部の町。ワダイ県の行政庁所在地。サル北北東約 580kmに位置。1912年チャドと統合してフランス領となるまでは,この地方に栄えたイスラムのスルタン支配の独立したワダイ王国の首都であった。牧畜地帯の中心地で畜産物の交易中心地。道路交通の要地。国内空港がある。人口 7万7400(2010推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アベシェ

チャドの東部にある町。スーダンのダルフール地方からナイル川上流域に通ずる主要道路とリビアのクフラ・オアシスを経て地中海岸のベンガジに通ずるサハラ横断隊商路の交わる地点に位置し,隊商の盛んな時代には交易の中心地として栄えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android