コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベシェ アベシェAbéché

3件 の用語解説(アベシェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベシェ
アベシェ
Abéché

チャド東部の町。ワダイ県の行政庁所在地。サル北北東約 580kmに位置。1912年チャドと統合してフランス領となるまでは,この地方に栄えたイスラムスルタン支配の独立したワダイ王国の首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アベシェ(Abéché)

チャド東部の都市。首都ヌジャメナスーダンエルファーシル幹線道路結ばれる。同国東部の中心都市であり、かつてワダイ王国の都が置かれ、交易の拠点として栄えた。ダルフール紛争時には20万人以上の難民が流入した。アベチェ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アベシェ

チャドの東部にある町。スーダンのダルフール地方からナイル川上流域に通ずる主要道路とリビアのクフラ・オアシスを経て地中海岸のベンガジに通ずるサハラ横断隊商路の交わる地点に位置し,隊商の盛んな時代には交易の中心地として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone