コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポリナリオス Apollinarios

2件 の用語解説(アポリナリオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アポリナリオス【Apollinarios】

310ころ‐390ころ
キリスト教著作家。キリスト論に関する異端アポリナリオス主義の主唱者。シリアラオディケア生れ。アリウス主義論争においてはニカエア派の論客としてアタナシオスとも親交があり,360年ころラオディケア主教となった。ギリシア古典の造詣が深く,ユリアヌス帝がキリスト教徒に古典の教育を禁じたとき,ギリシア古典文学の言葉と形式で聖書の物語を書いた。アレクサンドリア神学の流れをくむアポリナリオスは,キリストにおける人格の統一を重視し,キリストは人間としての肉体と魂を有するが,理性に当たるものは神のロゴスであるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アポリナリオス
あぽりなりおす
Apollinarios
(310ころ―390ころ)

360年ごろ任じられたラオディケア(シリア)の主教。反アリウス主義者で、一時はアタナシウスとも親交があった。彼は、キリストにおける神性を強調するあまり、人間の三分法を用いて、キリストには肉体と魂(プシューケー)はあるが、人間の霊(プネウマ)のかわりに神の霊(ロゴス)が宿っていると主張した。この説はキリストの人性を不完全なものにするとして、カッパドキアの教父たちやアンティオキア学派の神学者たちに批判され、381年のコンスタンティノープル公会議で異端とされたが、後のキリスト単性論への道を開くこととなった。著作の多くは失われ、断片しか現存しない。[木寺廉太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポリナリオスの関連キーワードキリスト教綱要キリスト教女子青年会キリスト教青年会テルトゥリアヌスパウロキリスト教会伴天連耶蘇キリスト教徒キリ概

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone