コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポリナリオス Apollinarios

世界大百科事典 第2版の解説

アポリナリオス【Apollinarios】

310ころ‐390ころ
キリスト教著作家。キリスト論に関する異端アポリナリオス主義の主唱者。シリアのラオディケア生れ。アリウス主義論争においてはニカエア派の論客としてアタナシオスとも親交があり,360年ころラオディケア主教となった。ギリシア古典の造詣が深く,ユリアヌス帝がキリスト教徒に古典の教育を禁じたとき,ギリシア古典文学の言葉と形式で聖書の物語を書いた。アレクサンドリア神学の流れをくむアポリナリオスは,キリストにおける人格の統一を重視し,キリストは人間としての肉体と魂を有するが,理性に当たるものは神のロゴスであるとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アポリナリオス
あぽりなりおす
Apollinarios
(310ころ―390ころ)

360年ごろ任じられたラオディケア(シリア)の主教。反アリウス主義者で、一時はアタナシウスとも親交があった。彼は、キリストにおける神性を強調するあまり、人間の三分法を用いて、キリストには肉体と魂(プシューケー)はあるが、人間の霊(プネウマ)のかわりに神の霊(ロゴス)が宿っていると主張した。この説はキリストの人性を不完全なものにするとして、カッパドキアの教父たちやアンティオキア学派の神学者たちに批判され、381年のコンスタンティノープル公会議で異端とされたが、後のキリスト単性論への道を開くこととなった。著作の多くは失われ、断片しか現存しない。[木寺廉太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アポリナリオスの関連キーワードグレゴリオス(ナジアンゾスのグレゴリオス)アレクサンドリア学派ダマスス1世ヒエロニムス宗教会議

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android