コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマゾン開発計画 アマゾンかいはつけいかく

百科事典マイペディアの解説

アマゾン開発計画【アマゾンかいはつけいかく】

ブラジル政府が東部のアマゾン川下流域のおよそ90万km2の広大な地域で推進している〈大カラジャス開発計画〉,すなわちカラジャス鉄鉱山の開発,鉄道・港湾の建設,農林業開発,鉄を除く各種金属の資源開発,また2010年までにアマゾン川流域にツクルイダム(世界第4位の規模。
→関連項目アマゾニアアマゾン[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

アマゾン開発計画の関連キーワード国連環境開発会議アマゾン水俣病

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android