コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミール・ホスロー アミール・ホスロー Amīr Khusrau

2件 の用語解説(アミール・ホスローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミール・ホスロー
アミール・ホスロー
Amīr Khusrau

[生]1253. 北インド,パトヤーリー
[没]1325. デリー
インドのペルシア語詩人。トルコ系軍人の子として生れ,のちにデリーのイスラム諸王朝に仕えて宮廷詩人になり,多くの歴史叙事詩ロマンス詩をつくった。「インドの鸚鵡 (おうむ) 」と呼ばれ,ペルシアの外で生れた最大のペルシア詩人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミール・ホスロー
あみーるほすろー
Amr Khusrau
(1253―1325)

インドのペルシア詩人。中世インドにおける最大の詩人で「インドの鸚鵡(おうむ)」の異名でも名高い。北インドでトルコ系武将を父として生まれる。早くから詩才を発揮し、デリーのイスラム王朝、ヒルジー朝やトゥグルク朝のスルタンに宮廷詩人として仕え、非常に厚遇された。チシュティー派の神秘主義聖者ニザームッディーン・アウリヤの弟子としても名高く、デリーで師の墓の傍らに埋葬されている。長い詩人生活を通じてさまざまな分野にわたり非常に多く作詩した。作品を分類すると、頌詩(しょうし)を主体とした五つの詩集、ロマンス叙事詩5編、歴史叙事詩5編、散文作品である。頌詩集は生涯にあわせて青年時代から晩年に至る作品集で、『青春の贈物』『人生の最中』『完璧(かんぺき)の光』などの題がついている。もっとも高く評価されたのはロマンス叙事詩で、ペルシアの大詩人ニザーミーの『五部作』に倣って1298年から1301年までの間に『光の上昇』『シーリーンとホスロー』『マジュヌーンとライラー』『アレクサンダーの鏡』『八つの天国』を作詩した。歴史叙事詩には『幸運な両星の結合』『勝利の鍵(かぎ)』『九つの天』『トゥグルクの書』などがある。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミール・ホスローの関連キーワードターラヒンドゥスターニー語インサイドストーリーインターリーグインドアーリア語インドアーリアンウインターリーグクーリーシャツメモリーリワインドバリー・リンドン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone