コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ古典期文化 アメリカこてんきぶんかancient cultures of the American continent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ古典期文化
アメリカこてんきぶんか
ancient cultures of the American continent

アメリカ大陸における古代都市文明 (300頃~1000頃) 。古典期は集落規模の拡大による都市文明の開花期で,都市化に伴う人口の集中と労働力の増大は,これを統御し,指導教化する支配層の出現,専門的職業の分化,交易組織の拡大を促した。文化的にはピラミッド状基壇と巨大な神殿の造営,美術,工芸の高度の発達,天体観測,暦の作成,象形文字と数字計算,時間観念の発達などが特色。代表的なものにマヤ文明テオティワカン文化,大規模な神殿建築,灌漑工事,陶芸,染色,冶金の技術にすぐれた南アメリカアンデス地帯の文明,特にモチーカ文化ナスカ文化,先インカ文明の中心,ティアワナコ文化がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アメリカ古典期文化の関連キーワードエアバス日経300先物取引重複保険ブタ勘合貿易遣明船(年表)ティカル遺跡モンテアルバン遺跡漕運低温物理学有視界気象状態

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android