コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則) Amonton's law

法則の辞典の解説

アモントンの法則【Amonton's law】

常温常圧における気体の熱膨張係数は,気体の種類によらずほとんど同一の値となる.フランスのアモントン(G. Amonton,1663-1705)の発見 (1703) になるが,1801年にゲイリュサックがもっと精密な測定を行って,この熱膨張率は(1/273.15),すなわち絶対温度目盛で表した氷点の温度の逆数に等しいことを示したので,現在ではゲイリュサックの法則*(第一法則),またはシャルルの法則*の名で呼ばれることが多い.もっともフランスの文献などでは,「アモントンの法則(loi d'Amonton)」が現在でもよくみられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)の関連キーワードアモントンの法則(摩擦の法則)ゲイ=リュサックの第一法則ボイル‐シャルルの法則クーロンの法則シャルルの法則気体の諸法則摩擦の法則

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android