コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則) Amonton's law

1件 の用語解説(アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アモントンの法則【Amonton's law】

常温常圧における気体の熱膨張係数は,気体の種類によらずほとんど同一の値となる.フランスアモントン(G. Amonton,1663-1705)の発見 (1703) になるが,1801年にゲイリュサックがもっと精密な測定を行って,この熱膨張率は(1/273.15),すなわち絶対温度目盛で表した氷点の温度の逆数に等しいことを示したので,現在ではゲイリュサックの法則*(第一法則),またはシャルルの法則*の名で呼ばれることが多い.もっともフランスの文献などでは,「アモントンの法則(loi d'Amonton)」が現在でもよくみられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)の関連キーワード気体定数断熱膨張熱膨張ゲイリュサックの法則気体透過係数吸収係数(気体)ゲイ=リュサックの第一法則ジュール‐トムソンの膨張係数ソレー係数断熱則

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone