コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラカジュ アラカジュAracaju

2件 の用語解説(アラカジュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラカジュ
アラカジュ
Aracaju

ブラジル北東部,セルジペ州の州都。サルバドルの北北東約 270km,大西洋岸にある港湾都市で,コンティンギバ川の河口から約 10km上流の右岸に位置する。 1855年建設。同州の商工業中心地で,皮革,バナナ,キャッサバ,豆類,マンゴー,カシューナッツ,塩,綿花,サトウキビなどを集散,加工する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラカジュ【Aracaju】

ブラジル北東部,同国最小のセルジペ州の州都。人口42万0901(1993)。北東部の二大都市レシフェとサルバドルの中間にあり,マセイオと共に重要な政治・経済的役割を果たす。17世紀以来砂糖産業が盛んな地域で,のち綿・タバコ産業も興り,繊維工業が発達した。現在は牧畜業(牛)が伸びており,また近くに石油が発見され,注目されている。港から砂糖,布地等を輸出。州内に他に都市らしいものはない。【前山 隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラカジュの関連情報