コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラク

百科事典マイペディアの解説

アラク

アラックとも。熱帯地方の蒸留酒。現在では国によって製法が異なり,ココヤシの汁液を発酵させたトディーを蒸留したもの,米を糖化しトディーや糖蜜を加え発酵,蒸留したものなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラク【‘araq】

語根‘‐r‐qは〈少量の水〉を表し,派生動詞‘arraqa,ta‘arraqaは〈酒に水を少々混ぜる〉の意味を示す。アラックともいう。ナツメヤシやブドウを原料としてつくられる蒸留酒で,水を加えるとミルク状に白濁する。原料の種類や産地および醸造前後における手入れの仕方によって,アルコール度,味,色,香りが異なる。アラクは古来イラクとシリアが産地としてよく知られ,エジプト,スーダンおよび北アフリカ諸国でも原始的な方法で小規模ながら製造されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アラクの関連キーワードアラクラン石(データノート)ナヒチェバン[自治共和国]トルコマンチャーイ条約アレクサンドル(1世)オーストロアジア系諸族フランク マーシャルアラクリハンメドレセ老バトル(把都児)アゼルバイジャンタシュハウリ宮殿ゴレスターン条約アラクチェーエフバギラティ[川]アルタン(俺答)シャーセバーン族バドリーナートタールクダールナヒチェバンチャーチル川カーメット山

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android