アラク

百科事典マイペディアの解説

アラク

アラックとも。熱帯地方の蒸留酒。現在では国によって製法が異なり,ココヤシの汁液を発酵させたトディーを蒸留したもの,米を糖化しトディーや糖蜜を加え発酵,蒸留したものなどがある。イラクやシリアなどではナツメヤシを原料とする。アルコール分50%以上。水を加えると白濁する。元来,アラックサという植物の根茎を原料としたのでこの名があるといわれ,またイスラム教諸国では土産の蒸留酒を一般にアラックと呼ぶ。日本へは江戸時代にオランダから伝来,阿剌吉(あらき)と呼ばれ,いわゆる南蛮渡来酒の代表であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラク【‘araq】

語根‘‐r‐qは〈少量の水〉を表し,派生動詞‘arraqa,ta‘arraqaは〈酒に水を少々混ぜる〉の意味を示す。アラックともいう。ナツメヤシやブドウを原料としてつくられる蒸留酒で,水を加えるとミルク状に白濁する。原料の種類や産地および醸造前後における手入れの仕方によって,アルコール度,味,色,香りが異なる。アラクは古来イラクとシリアが産地としてよく知られ,エジプト,スーダンおよび北アフリカ諸国でも原始的な方法で小規模ながら製造されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラクの関連情報