コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラク

百科事典マイペディアの解説

アラク

アラックとも。熱帯地方の蒸留酒。現在では国によって製法が異なり,ココヤシの汁液を発酵させたトディーを蒸留したもの,米を糖化しトディーや糖蜜を加え発酵,蒸留したものなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラク【‘araq】

語根‘‐r‐qは〈少量の水〉を表し,派生動詞‘arraqa,ta‘arraqaは〈酒に水を少々混ぜる〉の意味を示す。アラックともいう。ナツメヤシブドウを原料としてつくられる蒸留酒で,水を加えるとミルク状に白濁する。原料の種類や産地および醸造前後における手入れの仕方によって,アルコール度,味,色,香りが異なる。アラクは古来イラクとシリアが産地としてよく知られ,エジプトスーダンおよび北アフリカ諸国でも原始的な方法で小規模ながら製造されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラクの関連情報