コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリカメドゥ Arikamedu

世界大百科事典 第2版の解説

アリカメドゥ【Arikamedu】

インド南東部タミル・ナードゥ州のポンディシェリー南郊の,ローマ帝国の交易の跡を示す前1世紀~後2世紀の遺跡。ベンガル湾に流入するアリヤーンクッパム河口の岸に遺構が露出し,ローマ製の遺物が採取され,1937,41年にはフランス人が簡単な発掘をしたが,45年にウィーラーが組織的に調査し,多大の成果を収めた。ローマ本土から到来したアレッツォArezzo土器(テラ・シギラタ)31片,ブドウ酒用のアンフォラ形土器,回転文土器rouletted wareが出土。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アリカメドゥの関連キーワードテラ・シギラタ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android