アリストデモス(英語表記)Aristodēmos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストデモス
Aristodēmos

スパルタの侵略に抗した第1次メッセニア戦争 (前 735~715頃) の伝説的英雄。戦いの5年目にメッセニア人がイトメの砦に撤退したとき,デルフォイの神託に従って娘を地下の神々の犠牲に捧げた。前 722年頃王に選ばれ,5年間ゲリラ戦を行いスパルタ軍を悩ませたが,スパルタの勝利により,娘の墓前で自殺した。

アリストデモス
Aristodēmos

[生]?
[没]前492頃
古代イタリアの都市クマエの僭主。貴族に対立する民衆を支持して人望を高め,エトルリア人をしばしば破り,特に前 505年頃アリキアの戦いに勝ってエトルリア人のラチウムにおける勢力を破った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android