コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ度(読み)アルカリド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルカリ度
あるかりど
alkalinity

(1)水質測定に用いられる尺度の一つ。適当な指示薬、たとえばメチルオレンジあるいはフェノールフタレインを用いて、塩酸のような強酸によって被験水溶液を中和滴定して決める。通常、単位は炭酸カルシウムに換算したppm(100万分の1)を用いて表す。フェノールフタレインを指示薬とした場合はフェノールフタレインアルカリ度、メチルオレンジではメチルオレンジアルカリ度という。
(2)食品の成分の無機質の組成を示す尺度の一つ。この尺度の高いものを、アルカリ性食品という。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルカリ度の関連情報