コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルクメネ アルクメネAlkmēnē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルクメネ
Alkmēnē

ギリシア神話の英雄ヘラクレスの母。ミケーネ王エレクトリュオンの娘で,従兄弟にあたるアンフィトリュオンと結婚したが,彼と夫婦の契りを結ぶ前に,ゼウスが遠征中のアンフィトリュオンの姿で彼女と交わった。このときゼウスは楽しみを長くするため,3日の間太陽を空にのぼらせないで,夜を続けさせたという。このあと遠征から凱旋したアンフィトリュオンは妻の不貞に気づき,彼女を焼殺そうとしたが,ゼウスが雨を降らして火を消し,アルクメネを救った。その結果アルクメネは,ゼウスの種によるヘラクレスとアンフィトリュオンの種によるイフィクレスとの双子の息子を生んだ。死後,彼女はゼウスのはからいで至福者の島に住まわされ,そこでラダマンチュスと結婚したとも,天に上げられて神々の仲間入りを許されたともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルクメネ
あるくめね
Alkmn

ギリシア神話の英雄ヘラクレスの母。ミケナイ(ミケーネ)王エレクトリオンの娘。彼女は、兄弟の死に復讐(ふくしゅう)するということを条件として、父を殺したアンフィトリオンと結婚した。夫がその復讐の戦いに出かけている間に、彼女は夫の姿をしたゼウスと交わった。帰国後それを知った夫はアルクメネを殺そうとしたが、ゼウスの力に妨げられて果たせず、妻を許した。やがて彼女はゼウスとの子ヘラクレスと、アンフィトリオンとの子イフィクレスを生んだ。ヘラクレスの死後、彼女はミケナイ王エウリステウスの迫害を受けてアテナイ(アテネ)へ逃げ、エウリステウスが死ぬとテーベに住んで長く生きた。死後、その体は至福の島へ運ばれ、冥界(めいかい)の判官ラダマンテスの妻となった。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルクメネの言及

【ギリシア神話】より

…ゼウスは人間の女との間にも多数の子をもうける。主要なものだけを挙げれば,テーバイの王女セメレSemelēによりディオニュソスを,アルクメネAlkmēnēによりヘラクレス,ダナエDanaēによりペルセウス,エウロペによりミノスを得た。それぞれの場合につき細目と関与者を特徴づける物語が語られている。…

【ヘラクレス】より

…そこから英語ではハーキュリーズ,フランス語ではエルキュールという。 ゼウスがアンフィトリュオンAmphitryōnの妻アルクメネAlkmēnē(二人とも英雄ペルセウスの孫)に生ませた子で,彼がテーバイの地で生まれようとした日,ゼウスは妃ヘラに,今日生まれるペルセウスの後裔はアルゴスの支配者となろうと語った。つねづね夫の素行に目を光らせていたヘラはこれを聞くと,お産の女神エイレイテュイアEileithyiaに命じてヘラクレスの誕生を遅れさせる一方,アルクメネの従兄にあたるアルゴス王ステネロスSthenelosの子エウリュステウスEurystheusを先に生まれさせた。…

※「アルクメネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルクメネの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)エイレイテュイアHerculesヘルクレス座クレオンモスコス