アルタクセルクセス[2世](読み)アルタクセルクセス

百科事典マイペディアの解説

アルタクセルクセス[2世]【アルタクセルクセス】

アケメネス朝ペルシアの王(在位前404年―前359年)。ダレイオス2世の子。〈大王の和約(アンタルキダス条約)〉によりスパルタの小アジア干渉を排除したが,エジプト遠征に失敗,これ以後ペルシアは急速に衰退した。弟キュロスの反乱鎮圧は,クセノフォンアナバシス》に詳しい。
→関連項目アンタルキダス条約キュロス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルタクセルクセス[2世]【Artaxerxēs II】

アケメネス朝ペルシア帝国の王。在位,前404‐前359年。ダレイオス2世の子。〈ムネモン(記憶力よき人)〉の名で知られる。前401年弟キュロスの反乱を鎮圧。キュロスの軍に参加したクセノフォンのギリシア傭兵1万人退却の記録は《アナバシス》として有名である。この事件はスパルタの干渉を招いたが,前386年にスパルタ使節アンタルキダスを迎え,〈アンタルキダス条約(大王の和約)〉によって有利な解決をみた。しかし,父王末年に離反したエジプトを回復しようとする試みは2回とも失敗し,治世末期の約10年間は西方諸州のサトラップの反乱に苦しんだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルタクセルクセス[2世]の言及

【クテシアス】より

…クニドスの出身。ペルシア軍の捕虜となり,医師としてペルシア王アルタクセルクセス2世に仕え,前401年にクナクサの戦に参加,前398年には王の使節としてアテナイのコノンと交渉した。その後クニドスに戻り,《ペルシア史》23巻,《地理書》3巻,《インド誌》などを著す。…

【ペルシア帝国】より

…それと同時に専制政治の弊害も現れはじめ,クセルクセスは親衛隊長らの宮廷陰謀によって殺された。続くアルタクセルクセス1世の治世前期にエジプトが反乱を起こし,アテナイと結んでペルシアに抵抗した。しかし,前454年に反乱は平定され,ペルシア戦争以来続いたアテナイとの敵対関係も〈カリアスの和約〉(前449)によって一応の解決をみたので,帝国の平和は維持された。…

※「アルタクセルクセス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android